【ゼインアーツ】トードテーブルはIGT対応?特徴を徹底解説!

    【ゼインアーツ】トードテーブルはIGT対応?特徴を徹底解説!
    • URLをコピーしました!

    2023年秋にゼインアーツから登場した、待望の新作テーブル「TOAD TABLE(トードテーブル)」

    ゼインアーツ史上初となる、高機能キッチンテーブルとして注目を集めているアイテムです。

    トードテーブルの特徴について知りたい方も多いのではないでしょうか。

    IGT対応かどうかも気になるところ!

    この記事では、ゼインアーツ2023年の新作「トードテーブル」の特徴について徹底解説します。

    あわせて、IGT対応かどうか、どんな人におすすめかについても解説しますよ。

    トードテーブルの購入を考えている方、興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

    「そもそもIGTって何?」という方は以下の記事を参考にしてね!

    スポンサーリンク
    目次

    トードテーブルの特徴

    ゼインアーツの2023年新作アイテム「トードテーブル」

    発売から半年以上経った今でも、人気が収まらない人気のキッチンテーブルです。

    そんなトードテーブルの特徴について、詳しく解説していきます。

    さっそく、順番に見ていきましょう!

    発売日・価格・基本スペック

    ゼインアーツ公式サイトによると、トードテーブルの発売日は2023年10月下旬~11月下旬とされています。

    発売前に公式サイトからアナウンスがあるよ!

    これまでの傾向から、公式オンラインストアや、全国のアウトドア用品店で購入できると思います。

    発売情報を見逃したくない方は、公式サイトを適時チェックしておきましょう。


    そして、気になる価格は24,970円(税込)

    決して安くはないものの、高すぎない価格設定ですね。

    絶妙な価格だから余計に欲しくなる!

    続いて、トードテーブルの基本スペックは以下のとおりです。

    本体はアルミやステンレスなどが使われているため、丈夫かつ軽量なのがポイント。

    小さすぎず大きすぎない、絶妙なサイズ感でソロ~3人程度で使うのに最適です。

    さらに、トードテーブルには3つのオプションパーツが用意されています。

    トードテーブルのオプションパーツ
    • バーナーデッキ
    • シェルフ
    • ハンガー
    出典:ゼインアーツ

    オプションパーツを使用することで、トードテーブルの利便性は格段にアップします。

    特にバーナーデッキは、IGT規格テーブルでは希少なSOTOのST-310、ST-340を装着可能

    出典:ゼインアーツ

    調理機能を付与できることから、最もおすすめのオプションです。

    トードーテーブル対応のガスバーナーは色々ありますが、迷ったら「SOTO ST-310」を選んでおけば間違いなし◎

    コンパクトで使いやすいガスバーナーだよ!

    \トードテーブル対応のおすすめガスバーナー/

    火力の安定感を重視したい方、重さのあるダッチオーブンなどで調理したい方は、「SOTO ST-340」もおすすめです!

    \火力と強度の高さを重視!/

    また、シェルフやハンガーは、テーブルに収納力をプラスしてくれます。

    立ったり座ったりを減らし、必要な動作をこのテーブル内で完結できますよ!

    料理の手間や体の負担を減らせるね!

    トードテーブルはIGTに対応

    トードテーブルはIGTに対応しているのか」、気になる方も多いですよね。

    結論から言うと、トードテーブルはスノーピークのIGT規格に対応しています。

    ※公式サイトには「IGT対応」の記載はありませんが、サイズはIGT同等。

    「IGT」について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください!

    トードテーブルは、「脚・テーブル枠・アルミ天板6枚」で構成され、

    アルミ天板1枚のサイズは、IGTのハーフユニット相当になります。

    つまり、「アルミ天板2枚=1ユニット相当」となるため、さまざまなカスタムが可能なんです。

    出典:ゼインアーツ

    このことから、トードテーブルはIGT規格に対応していると言えるでしょう。

    スノーピークの純正パーツはもちろんのこと、多くのメーカーから出ているIGT互換アイテムも装着可能になります。

    自分だけのカスタマイズを楽しめる!

    トードテーブルのメリット・デメリット

    ここまで紹介してきた特徴から、トードテーブルには以下のメリット・デメリットがあります。

    メリットデメリット
    とにかくカッコいい
    シンプルで使いやすい
    フラットバーナーがいらない
    純正オプションが豊富
    IGT対応で自由度が高い
    カラーは黒のみ
    値段が安くはない
    収納サイズはふつう
    ライバル製品も多い
    そもそも買えるのか問題

    これらのメリット・デメリットを踏まえて、メリットが大きければトードテーブルを買うべきだと言えますね。

    しかし現時点で、まだ購入を悩んでいる方も多いと思います。

    IGTテーブルは種類が多くて悩んじゃうよね…

    そこで、トードテーブルは「どんな人におすすめなのか」について解説していきますね!

    トードテーブルはこんな人におすすめ!

    ここまでは、トードテーブルの特徴について紹介してきました。

    「欲しい!、使ってみたい!」と感じた方も多いのではないでしょうか。

    ここからは、トードテーブルがどんな人におすすめなのかについて解説していきます。

    トードテーブルは以下のような人におすすめ!

    おすすめな理由について、それぞれ解説していきます!

    カスタマイズを楽しみたい人

    出典:ゼインアーツ

    記事の前半でも解説したように、トードテーブルはIGTに対応しています。

    これにより、IGT規格のオプションパーツを自由にカスタマイズ可能!

    カスタムパーツは、スノーピークの純正品以外にも多くのメーカーから互換品が登場しています。

    他社のIGT規格製品をIGT互換とも呼ぶよ!

    欲しい機能や好みのデザイン合わせて、さまざまなカスタムを楽しめるんです。

    トードテーブルは合計3ユニット分のカスタマイズができるので、キャンプの充実度が格段にアップしますよ!

    黒色のキャンプギアが好な人

    出典:ゼインアーツ

    トードテーブルは、黒色で統一されたシンプルなデザインが特徴的。

    黒色で統一感を持たせつつ、パーツごとに光沢を出したり、マットにしたりと質感を変えているのもお洒落なポイントです。

    また、ゼインアーツらしいシンプルなデザインで、自然の景観を邪魔することなくキャンプを楽しめますよ!

    キャンプサイトに溶け込む美しいデザイン◎

    キャンプサイトを黒色で統一したい方、シンプルなテーブルを探している方におすすめです!

    SOTO「ST310、ST340」を持っている人

    出典:新富士バーナー

    トードテーブルは、すでにSOTOのシングルバーナー「ST-310」もしくは「ST-340」を持っている人にもおすすめです。

    通常、IGTテーブルにシンデレラフィットするのは、スノーピークのフラットバーナー。

    他のIGTテーブルで調理するには、フラットバーナーを準備する必要があります。

    フラットバーナーについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

    一方、トードテーブルの専用バーナーデッキは、ST-310やST-340と合うように作られています!

    つまり、フラットバーナーをわざわざ買わなくても調理を楽しめる◎

    SOTOのガスバーナーを持っている方にとって、トードテーブルは最適なIGTテーブルなんです。

    \トードテーブルに最適なST-310/

    火力と強度重視なら、ST-340もおすすめです!

    \高火力&高強度ならST-340がおすすめ/

    キャンプをラクして楽しみたい人

    オプションパーツのシェルフやハンガーを使用することで、利便性は格段にアップ!

    トードテーブルにさまざまな機能を付与できるので、座ったり立ち上がったりする動きが減ります。

    これにより、キャンプをラクして楽しめるんです。

    一度座ったらなるべく動きたくないよね!

    トードテーブルは縦の空間効率を意識して作られているので、キャンプ中の無駄な動きを最小限に抑えられますよ!

    まとめ:トードテーブルでキャンプをクールに楽しもう!

    出典:ゼインアーツ

    今回の記事では、トードテーブルの特徴やIGT対応について解説してきました。

    あわせて、どんな人におすすめできるのかもお伝えしましたね。

    最後に重要な点についておさらいしていこ~!

    トードテーブルの発売日、価格は以下のとおり。

    発売日: 2023年10月下旬~11月下旬予定

    本体価格: 24,970円(税込)

    また、紹介したトードテーブルのメリット・デメリットはこちらです!

    メリットデメリット
    とにかくカッコいい
    シンプルで使いやすい
    フラットバーナーがいらない
    純正オプションが豊富
    IGT対応で自由度が高い
    カラーは黒のみ
    値段が安くはない
    収納サイズはふつう
    ライバル製品も多い
    そもそも買えるのか問題

    これらのメリット・デメリットから、トードテーブルは以下のような人におすすめできますよ!

    トードテーブルはIGT対応なので、純正オプション以外にも自由なカスタマイズが可能です。

    自分だけのトードテーブルで、キャンプをクールに楽しもう!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次